母と似てきたこと。

 

   最近、自分が母親にそっくりになってきました。

 

元々、家族から「あの女にそっくり!」と罵られたり、ふとこぼした独り言が母のそれと酷似していたり…、

 

自分でも恐れていたことです。

 わかってはいました、嫌だ嫌だと拒み続けるから余計に意識して似てきてしまうものだと。

 よりによってこの世で一番憎い人に似てしまうというのは正直怖いです。

 いい大人が自分から見える母親の面影に怯えて泣いてしまうこともあります。

 怖くて怖くて仕方が無いんです。どうしたらいいのか全く検討もつかなくて、相談できる家族もいない。

 

 でも、私は何としても幸せにならなきゃいけないし、その為に頑張って生きなきゃいけない。JUMPちゃんの20周年も見守りたいし、来週のべいじゃんも一大事(やぶひかお料理)、ポポロだってまだ見てない。

 JUMPちゃんの為に人生に悲観して死を選ぶ暇は無いんです。

 

 そうやってなんとか気持ちを奮い立たせて(We Are 男の子!聴きました)

(トンチキソングすごい)

私と母の似ていない点を探すことにしました。

 

……全く浮かびません。

 

多分気が滅入っている事と、散々家族に母親にそっくり!と罵られたトラウマが相まって見つけられないのだと思います。

 

これでは逆効果なので、私が治すべき癖や習慣を箇条書きすることにしました。

☆部屋を常に綺麗に保つ

☆横になる時に足を組まない

☆ネガティブな独り言を言わない

スマホはほどほどに

☆自炊をする

☆規則正しい生活

☆姿勢を良くする

☆素直になる

☆自分を許す

etc..

これを部屋の一番目立つところに貼って、毎日意識しようと思います。(スマホの待受にもしよう)

ここに書いたのは一種の決意表明みたいなものです。読んでくださった方を巻き込んでしまって申し訳ありません。私も必死なもので。

 

   自分を変えたくて、年々母親に似てくるこの顔が怖くて、整形して私の顔から母親の面影を消し去ろうとずっと考えていました。ですが、私の奨学金や、私の名をかたり親戚や祖父母から奪ってきたお金で、整形にのめり込んだ母を見ると、無意識に、あぁ私もこうなってしまうんだな。と思い、手が出せなくなってしまいました。綺麗になりたいと狂っていた私は結局母親とそっくりみたいです。

母親と別人になりたくて焦っていたのに皮肉なもんですよね。

 

呪いのように、毎日ふと鏡を見た時、疲れて帰ってきてシャワーを浴びる時、自分が母親とそっくりだって気付かされます。家族だから、血が繋がってるからとは思いません。

家族って愛が無いとただの鎖ですから。

私と母は他人です。全くの別個体です。母が怖いからといって母の複製になる必要は無い。

 自分のことを認めてあげることも許してあげることもまだ出来ませんし、この先も無いかもしれないけれど、これは自分を変えるチャンスだと言い聞かせ、私は私だと振り切って頑張ろうと思います。

 

 

 

 

吐き出せるところが無かったとは言え、支離滅裂な駄文ごめんなさい。

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございました。